Let's BaserCMS

第15回全日本大学ディベート選手権大会大綱

書籍紹介

Facebook

第15回全日本大学ディベート選手権大会大綱

  日頃より全日本ディベート連盟を御愛顧していただき、誠にありがとうございます。

 本年も、第15回全日本大学ディベート選手権大会を大会開催をする運びとなりました。年々様々な地域から大会にご参加いただき、規模が拡大しているなか、15回という節目を迎えることができ、偏に日頃から皆様にご支援を頂いているおかげであります。本大会も皆様の日頃の研鑽の成果を発揮する場として、また大学間を越えた友好の場として、本大会にご参加、ご見学下さることを心よりお待ち申し上げます。

 

1.大会概要

主催:NPO法人 全日本ディベート連盟 (CoDA) 読売新聞社
協賛:日本テレビ放送網
日時:2015年11月21日(土)、22日(日)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木)
論題: 日本は公職選挙法で定める全ての選挙について、投票の棄権に罰則を設けるべきである

※論題の文言が正式に決まりました。

 

タイムスケジュール(予定)

1日目:11月21日(土)

09:00 受付開始
09:30 開会式
10:00 予選第一試合
11:30 昼食
12:50 予選第二試合
14:40 予選第三試合
16:30 予選第四試合
18:10 オリエンテーション
18:40 1日目終了予定

 

2日目:11月22日(日)

08:40 オリエンテーション
09:00 予選第五試合
11:15 予選結果発表
11:30 昼食
12:50 準々決勝
14:40 準決勝
16:30 決勝トーナメント結果発表
16:50 決勝戦
18:15 閉会式(判定/大会講評/表彰)
19:15 終了予定  

※上記のタイムスケジュールにつきましては、
 大会の出場チーム数により予選試合数、トーナメント回数に変更がある場合があります。
 

ルール:CoDA全日本大学選手権大会ルールに準ずる。
※詳細はホームページ掲載の[大会ルールブック]を参照してください。
論題充当性(トピカリティ)、代替政策(カウンタープラン)の議論に関しては、立論のステージで提出する必要があります。
 

試合フォーマット:立論1回、質疑1回、反駁2回形式。
※準備時間は6分間の持ち時間(フレキシブル)制。

今年度より、各パートの時間が変更となっております。
昨年度までとは異なりますので、ご注意下さい。

肯定側立論6 分

 

 

否定側質疑3 分

 

否定側立論6 分

肯定側質疑3 分

 

 

否定側第1反駁4 分

肯定側第1反駁4分

 

 

否定側第2反駁4 分

肯定側第2反駁4 分

 

※CoDA全日本大会仕様フォーマット(2014年改訂版)。

2.出場募集

募集チーム数:最大32チーム
チーム構成:1チームは2名〜4名で構成すること。
出場参加資格:次のいずれかの条件を満たすもの。

1.2015年10月1日現在、大学(通信制含む)、大学院修士課程、専門職大学院、高等専門学校4・5年次に在籍する者。または、2015年4月1日現在、海外の大学またはそれに準ずる学校に在学している、ないしは、進学、留学が決まっている者。

2.その他大会運営委員会が認めた者。

*なお、同一団体からの出場枠は最大で3チーム以内とします。
   ただし、参加者多数の場合には3チーム以内のエントリーであっても、2チームないし1チームの出場にするように調整をお願いする可能性があります。また、別団体名義の参加申し込みであっても、同一団体の可能性があると当連盟にて判断した場合、確認させていただく場合があります。

3.申込み方法

●大会参加の流れ
1.    参加希望者は書類審査・選考(メールにて応募)
2     運営委員会より合否判定メールの配信 ※11/2迄に配信
3.    参加者は大会参加費を振込(銀行振込)
4.    運営委員会より入金確認メールを配信 ※11/9以降に一斉配信予定

書類審査

立論審査とし、提出するものは、肯定側立論とする。
※ただし、大会フォーマットの規定にあるよう、6分間で読みきれる程度のもの。
今回提出する立論は書類審査用であり、大会の試合においては提出時の立論から改善をしても構わないものとする。

締切

 1次締切  2015年10月17日(土)21時
最終締切  2015年10月26日(月)21時(厳守)
※1次締切にて出場チーム数上限を超えてしまった場合、1次締切に応募を打ち切り致します。
また、応募多数の場合、書類審査・選考を踏まえた上で、先着応募頂いたチームを優先致します。

送付方法

書類審査応募用紙をダウンロードし、必要事項を入力し、
1.書類審査応募用紙(Excel形式 .xlsxの拡張子)と、2.肯定側立論(Word形式  .docx/.docの拡張子)
2つのファイル名を大学名_チーム名.docxまたは.xlsxに直して添付して、メールにて送付する。

※チーム名は、全角16文字以内の制限が加わりました。
 また、商標、キャラクタ名等の報道上のため、使用はできません。
 使用された場合や不適切なチーム名については、大会実行委員会にて変更させて頂きます。

書類審査応募用紙をダウンロード

送付先

all_japan_2015_ritsuron(at)coda.or.jp

※迷惑メール対策のため、@を(at)と表記しております。
応募の際には、@に直して、メール送信してください。
(迷惑メール防止の為、直接リンクを貼っていません)

 

・大会参加費は「書類審査・選考」が合格メールが届いた時点で振り込むものとする。

大会参加費

1チームにつき、6000円
 CoDA団体会員は1チームにつき、 4000円 

※一度納入された参加費は、審査員・会場等の手配のため、参加を取り消した場合でも一切返金はしないものとする。ただし、主催者側からチーム数調整等を依頼された場合のときは例外とする。

振込先/振込期間

書類選考結果に記載して、お送り致します。

「CoDA団体会員の登録・更新」並びに、「遠征・交通費補助申請」については、
書類選考通過チームに通過通知に内容を掲載させていただく予定です。

 

●遠征・交通費補助について

首都圏外から遠方より出場をされる団体には「CoDA大会運営規定」の定めるところにより、一部ではございますが、遠征・交通費補助が対象となる場合があります。遠征・交通費補助を申請される場合は、CoDAWebサイトの本大会のページより、遠征・交通費補助規定に関する注意事項を読み、お問い合わせから申請をして下さい。選考の結果によっては、遠征・交通費補助の対象外となることもありますので、ご了承ください。

 

遠征・交通費補助規定

1.     首都圏以外の大学に属し、そのメンバーで構成される。

2.     大会の性質・規模によって、以下の単位で補助をするものとする。
全日本大学ディベート選手権:同一団体、サークルに対しては、1チーム単位で補助対象とする。
全日本学生新人ディベート大会:同一団体、サークルに対しては、1団体単位が補助の対象となる。

3.     事前の申請をし、大会当日に利用交通機関の領収書を提出することができる。(返却不可)

4.     チーム、団体の人数、地域、利用経路によって補助金額が異なる。(CoDA大会運営規定に基づく)

5.     遠征・交通費補助は、全額支給でなく、一部負担であること了承する。

上記の規定内容に該当しなければ、申請を頂いても対象外となりますのでご了承ください。

その他、質問等ございましたら、大会実行委員会all_japan_2015(at)coda.or.jp までお送りください。※(at)は@に変換して送信して下さい。