CoDA とは

特定非営利活動法人 全日本ディベート連盟(CoDA:Collegiate Debate Association)は、
ディベートの普及と発展とを通じて社会に貢献することを目的とする組織です。
大会・セミナーの開催や、官公庁・企業向け研修事業、研究開発活動を行っています。


実績

  • 新人セミナー、ディベート研修セミナー 等各種ディベート研修事業
  • 各種ディベート大会主催 他各種ディベート大会開催協力
  • ディベートサークル運営・各ディベート大会支援事業
  • ディベートイベントコーディネート・マネジメント、講師・審査員派遣等
  • 定期事業
    • 各種ディベートセミナー 主催
    • 全日本ディベート選手権大会 主催
    • 全日本学生新人ディベート大会 主催
  • 随時事業
    • JDA(日本ディベート協会)大会 協力
    • 全国教室ディベート選手権大会(通称ディベート甲子園) 協力
  • 法人・官公庁採用実績
    横浜市(国際平和ディベート大会)/ALSA(アジア法学生協会)/
    静岡市(しずおかディベート大会)/山梨学院大学/京都大学/東京工業大学/
    一新塾/NHK(番組協力)/フジテレビ(番組協力)/テレビ朝日(番組協力)/
    (社)日本私立大学連盟(CD講座)/外務省/海上自衛隊/防衛省 他

News Release

【新人大会2021】練習会のお知らせ

第23回全日本学生新人ディベート大会の練習会のお知らせです。
7月4日に開催される新人ディベート大会に参加する選手の方々に向けて、

・他のチームとの対戦を通して、議論の構築について新たな視点を獲得していただくこと
・自分たちの議論が実際の試合においてジャッジにどのように評価されるのかを確認し、本番に向けた修正を行う機会として活用していただくこと
の2点を主な目的とした練習会をオンラインで実施いたします。

【セミナー情報】ジャッジインターンOnlineを5/30に開催します

大学生以上を対象にして、日本語調査型ディベートにおける審査員向けセミナー、「ジャッジインターンOnline」を開催します。

本セミナーは約10年間にわたって開催され、ディベート甲子園をはじめとした日本語調査型ディベート大会に100名以上の審査員を輩出してきたジャッジインターンを完全オンラインで実施する初のセミナーとなります。ディベート甲子園をはじめとした日本語ディベートの審査員に興味関心のある方は是非ご受講ください。

ジャッジインターン教育プログラムは以下のように学術的にも研究しながら作り上げているメソッドとなります。

【新人大会2021】第23回全日本学生新人ディベート大会の開催について

日頃より全日本ディベート連盟(CoDA)を御愛顧していただき、誠にありがとうございます。第23回目となる全日本学生新人ディベート大会を、昨年に続きオンラインにて開催する運びとなりました。大会の開催と併せて、参加者を支援する企画も運営委員のメンバで検討をしております。

本大会では、参加者の皆様が、より自分に合ったディベートの楽しみ方を選べるよう、出場部門を2つ設けることを決定しました。
これは、新人戦の出場資格を有する全ての方が気軽に参加できるようにすること、大学以前のディベート経験の有無による実力差が試合に及ぼす影響をできるだけ小さくすることを目的としています。
ただし、ディベート経験は楽しみ方を規定する一つの要素であっても全てではないこと、ディベート経験で明確な線引きを作るのは難しいことから、ディベート経験の定義やそれに基づく参加部門の規制を設けることはしていません。
詳細については大会要綱をご覧ください。

初めての試みとなりますが、参加をしていただける皆様によるスキル研鑽の機会となるように、またディベートに取り組む学生相互の交流の場となるように、大会の運営に努めてまいります。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。